あるがままの心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「もしも心が空なら」三

人と出逢う度に 私は私の心を知った
彼方に私を垣間見て 私は私の心に触れた

いいところも 嫌なところも
変えたいところも 変えられないところも

―認められないのはどうして…

受け入れられたら
憎まなくていい
嫌わなくていい
見下すこともない

それがきっと―自由の形…

見つめれば 自分の心が見えてくる
心に触れれば 世界が近くなる

認められないのは 実は 私の心の方なのかもしれない

私は そこから楽になりたくて
認められない自分が嫌で

それで

あの空の自由を
広さを 羨望して
望んでいたのかもしれない―
スポンサーサイト
  1. 2014/09/22(月) 10:13:41|
  2. 星のような心 心のような海 海のような空 空を愛する光 光を見る私
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「石と雲 鳥と木」 | ホーム | 「もしも心が空なら」  二 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thepunkrock.blog.fc2.com/tb.php/278-07a6a48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。