あるがままの心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「深淵」 一

螺旋階段のように 渦巻く闇の中
私は鼓動を始めた

堕ちているのか 上がっているのかも分からない
ここには天井も 底もない
広いのか狭いのかも 分からない

自分の形さえもあやふやで 未分化の私
私は 私の形が分からない

私はどうして―

―ここにいるの

私は 私の形を知りたい
だから何処にも行けずにもがいている

何を望んでいるのかも分からない
ただ―そこにあるという実感だけ―

深海の中を 底に向かって歩んで
深淵の世界を 何かを掴むように手を伸ばして

何をどうすればいいのか分からなかった
ただ懸命だったことを不思議と覚えている

たとえばそれは
生まれた直後に立ち上がろうとするような
崩れる砂の城を何度も何度も作るような

そうして―自分には羽根があることに気づいた

彼の空に向かって飛べるだろうか

闇の中
羽ばたいた

上に向かって 下から遠ざかって

一直線に

一筋の光のように―

スポンサーサイト
  1. 2014/08/30(土) 13:51:58|
  2. 星のような心 心のような海 海のような空 空を愛する光 光を見る私
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「深淵」 二 | ホーム | 「無力」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thepunkrock.blog.fc2.com/tb.php/256-039d2f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。