あるがままの心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

星へと届けるもの 光の欠片 十二

夜明け前

闇が濃く立ちこめ深く覆い尽くした世界
その果てに目映いほどの光に包まれる

疑い始めたらきりがない
揺らいだら失っていく

それでも必死に握りしめて
進んで

夜明けをこうして待っている

信じられるものが信じられなくなった時ほど
揺らぐ時はない

あの輝く星に手を伸ばしているのに
近づくどころか遠ざかっている気がする

そんな時に背中を支えてくれるのは
いつだって自分の努力で手にしてきたものだけ

闇を歩き続けるからこそ
この手に光が灯る

この手を照らしてくれるのは
何とか生き抜いてきたその積み重ね

大丈夫
道はずっと続いていく

だから今もこうして歩いている
夜明けを待ちながら


スポンサーサイト
  1. 2014/07/03(木) 11:19:13|
  2. 星の心と空の宇宙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三章 「星に願いを」 一 | ホーム | 星へと届けるもの 光の欠片 十一>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thepunkrock.blog.fc2.com/tb.php/199-c1ce5a7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。