あるがままの心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私の心 世界の鏡 〇

事実は私の心とは違うけれども
私の心の感じた世界を 何というのだろう

命の数だけある世界と命の犇めくこの世界
まるで鏡あわせのように映るこの世界

命の輝きの数だけ星があって
星の数だけ涙があって
光の数だけ笑顔があって

登る朝陽の数だけ希望があり
堕ちる夕陽の数だけ絶望があり

巡る星の数だけ選択肢があって
巡る星の数だけの出会いと別れ

その中で生きる私の世界を
この世界に現すのなら

産み落とされた心は事実とは呼べないだろうか
その心の在り方を世界とは呼べないだろうか
スポンサーサイト
  1. 2014/06/21(土) 10:34:45|
  2. 星の心と空の宇宙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二章 星へと届けるもの 光の欠片 一 | ホーム | 私の心 世界の鏡 十二>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thepunkrock.blog.fc2.com/tb.php/187-1967a342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。