あるがままの心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私の心 世界の鏡 七

季節が自然に巡るように
やがて訪れては去っていく別れ

別れに一抹の寂しさを
会えなくなる日常に溢れる悲しみを

あなたのいた場所が空白に
佇む私を満たすのは孤独

過ぎる後悔と
蘇る温もりと

別れるのが嫌なら初めから出会わない方がよかった?
―そんなことないはず―

寂しさ 喜び
みんな心に残るから

遠い日々に 淡い記憶になったとしても
無かったことになんてならない

思い出になって残るから

私の中に あなたの中に
みんなの中に

切なくて泣いてしまうかもしれない
虚しくて挫けてしまうかもしれない

それでも別れはやってくる 日々の移ろいのように
でも終わりじゃない

星が散って塵になったとしても
再び巡り会えるように


―振り返って

笑顔で手を振った―

「また会おうね」


スポンサーサイト
  1. 2014/06/15(日) 15:09:15|
  2. 大空に心を 大地に影を
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<私の心 世界の鏡 八 | ホーム | 星の心と空の宇宙 六>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thepunkrock.blog.fc2.com/tb.php/181-98f0108a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。